結婚祝い(ご祝儀)

結婚式(披露宴)に招待されてまず考えるのが「ご祝儀(結婚祝い)の金額をいくらにするか?」ではないでしょうか?ご祝儀は結婚するお二人を祝う気持ちですので、基本的にはいくらでも良いのですが、実際には新郎・新婦との関係によってある程度の「相場」があるようです。またご祝儀を渡す際にはいくつかの礼儀とマナーがありますので、失礼にならないように、どのような礼儀やマナーがあるのかも確認しておきましょう!

結婚祝い(ご祝儀)一覧

結婚式(披露宴)のご祝儀(結婚祝い)の相場
本来ご祝儀というものは「気持ち」ですので、気持ちの額を包めば良いのですが、他の人はいくら包むのかは気になってしまいますし、一般的な相場というものもあるのが現実です。では一般的なご祝儀はいくらくらいなのでしょうか?
結婚式(披露宴)のご祝儀で包んではいけない金額
結婚式(披露宴)のご祝儀の金額は、「数字が割れる偶数(二人が分かれることを連想させます)と9(苦しむ)」の金額は縁起が悪いので、この数字は避けるのが礼儀となっています。
ご祝儀袋に入れるお札の礼儀とマナー
結婚祝いのご祝儀袋に入れるお札は「新札(ピン札)」が最低限のマナーであり、礼儀です!早めに銀行に行って新札を用意しておきましょう。
結婚式(披露宴)のご祝儀袋の書き方
結婚式(披露宴)に招待された場合に悩むのが「ご祝儀」ですが、特にご祝儀袋の書き方は日頃、まず書くことがありませんので難しい所です。ここではご祝儀袋の基本的な書き方を説明しています。
ご祝儀袋を受付の方に渡す時の礼儀とマナー
ご祝儀袋を受付の方に渡す時は、カバンや内ポケットから取り出すのではなく、袱紗(ふくさ:儀礼用の方形の絹布)や、風呂敷から取り出して渡すのが礼儀とされています。
結婚式(披露宴)に招待されなかった場合のご祝儀
結婚式(披露宴)に招待されなかった場合でも、友人や知人であればご祝儀を渡したいものです。
結婚式のみに出席する場合のご祝儀
結婚式のみに出席する場合、ご祝儀は基本的には必要ないとされていますが、お祝いの気持ちとしてご祝儀を渡してももちろんOKですし、ご祝儀ではなく何かプレゼントを渡しても良いでしょう。
結婚式(披露宴)に招待されたけど欠席する場合のご祝儀
結婚式や披露宴に招待されたけど、やむをえない事情で欠席する場合に、ご祝儀を渡したほうが良いかは難しい所ですが、この場合はご祝儀を渡しても、渡さなくても、どちらでもかまいません。
結婚式(披露宴)を急遽欠席する場合のご祝儀
結婚式(披露宴)に出席すると招待状を返信したにもかかわらず、その後、やむをえない事情で欠席することとなった場合のご祝儀は、基本的には出席した場合と同額のご祝儀を包むこのが一般的です。
遠方から結婚式(披露宴)に出席する場合のご祝儀
遠方から結婚式(披露宴)に出席する場合はとても難しいのですが、交通費や宿泊費全額ではなく、かかった交通費(宿泊費)の半額程度の交通費(宿泊費)を頂ける場合が多いようです。
結婚式(披露宴)に子供が出席する場合のご祝儀
子供が結婚式や披露宴に出席する場合のご祝儀は、「披露宴に子供用の席が用意されているかどうか」で変わると思います。
結婚式(披露宴)に夫婦で出席する場合のご祝儀
夫婦で結婚式(披露宴)に出席する場合は、「ご祝儀袋は一緒にする」のが一般的のようです。その場合でもできる限り、ご祝儀の額は割り切れる偶数ではなく、奇数にしたいものです。
結婚祝い(プレゼント)
友人や知人から結婚を報告された場合に、お祝いの気持ちとして贈る「結婚祝い」。しかし何を贈るか?贈って失礼になる物はないのかを確認しておきましょう。
出産祝い
出産祝いは「出産した場合にするお祝い」ですので、「出産する前に贈っては絶対いけません!」。また友人・知人から「無事に赤ちゃんが産まれた」ことを知らされた場合は、お母さんが退院し、母子共に健康なことを確認してからお祝いを届けるようにしましょう。
 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚祝い(ご祝儀)