結婚式のスピーチと挨拶(祝辞)

ここでは披露宴(結婚式)でのスピーチを頼まれた場合、どのようなことに気をつけれならないのかをアドバイスしています。結婚式や披露宴では、すべてのことにおいて新郎・新婦のお二人が主役ですので、出席者(招待客)は、最低限の礼儀とマナーさえ心得ておけば、それほど目立ったり、失礼にあたることはありません。しかし、もしも「スピーチ」を頼まれた場合は別です。スピーチをしている時は招待客全員の注目を集めることになりますので、細心の注意が必要になるのです!

結婚式のスピーチと挨拶(祝辞)一覧

結婚式(披露宴)のスピーチでの禁止ワード
結婚式(披露宴)のスピーチをお願いされた場合でも、「禁止ワード(忌み言葉)」がいくつかあります。悲しい言葉、不幸な言葉、分かれる言葉など、日頃それほど気にしていなくても、このような言葉がありますので、必ずスピーチを考える時はこれらの言葉を使わないようにすることが最低限のマナーです。
結婚式(披露宴)のスピーチ友人代表編
結婚式(披露宴)で「友人代表のスピーチ」をお願いされたら、正直、「ちょっと嫌だなー。。。」と思うかもしれませんが、おめでたい席ですし、折角、友人の代表としてお願いされているのですから、快く引き受けてあげるのがマナーです。
結婚式(披露宴)のスピーチ会社の上司編
結婚式(披露宴)で、「会社の上司」としてスピーチを行う場合も、基本的には「結婚式(披露宴)の友人代表のスピーチ」と同じようなことに気をつけ、さらにいくつか気をつけなければならないことがあります。
結婚式の祝電(電報)
結婚式(披露宴)に出席できない場合に、お祝いの言葉を「祝電」で贈れば相手方(新郎・新婦)にも喜ばれますので、どうしても出席できない場合は、祝電で結婚をお祝いしてあげましょう!
 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚式のスピーチと挨拶(祝辞)