結納


結納とは、結婚(婚約)を初めて公にする儀式のことで、この結納を行うことによって、正式に結婚、両家の結びつき、親類になったことを約束したことになるとされています。

しかし結納は堅苦しい儀式?と思われていることから、近年では少しくだけた「略式結納」の形をとったり、結納は行わず、「両家の両親と食事会」をすることによって結納の代わりとすることが多くなっているようです。

また地域によって結納の方法が大きく異なることも珍しくありませんので、結納を行う場合はどちらの仕来りに合わせるかを話し合うことが大切になります。

-結納の種類(スタイル)-

◎正式結納

結納は地域によって仕来りが違いますが、基本的な結納は、仲人が両家を往復して結納品を納める形となります。

◎略式結納

略式結納は、最近多くなってきた結納のスタイルで、両家がホテルやレストランなどに集まり、その場で結納品を納めたり、婚約指輪のやり取りを行います。

いずれにしても結納は各地域によって仕来りが異なる場合が多いので、行う場合はご両親などに相談して行う形となると思います。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved