サムシング・フォー(something 4)


結婚式ではさまざまな縁起が良いとされていることを行いますが、最近特に多く行われているのが、「サムシング・フォー(something 4)」です。

サムシング・フォーとは、直訳すれば「4つの何か」という意味で、結婚式で花嫁が4つの幸せになれるとされている物を身に着ければ、幸せな結婚生活が送れるされている、古代ヨーロッパから伝えられている「ジンクス・おまじない」です。

-サムシング・フォー(something 4)-

◎サムシング・ニュー(something new)

サムシング・ニューとは、直訳すれば「何か新しいもの」という意味で、花嫁は新しい「靴・下着・ウェディングドレス・アクセサリー」などを身に着けることで、幸せな結婚生活が送れるようにとの願いが込められています。

◎サムシング・オールド(something old)

サムシング・オールドとは、直訳すれば「何か古いもの」という意味で、花嫁は「先祖(母・祖母)から譲り受けた物(アクセサリーなど)」を身に着けることで、先祖(家族)との間を繋ぐとされています。

◎サムシング・ブルー(something blue)

サムシング・ブルーとは、直訳すれば「何か青いもの」という意味で、、花嫁は「青い物(ブーケの中に青い花を混ぜたり、青いリボンを身に着ける)」を身に着けることによって、幸せになれるとされています。

◎サムシング・ボロー(something borrow)

サムシング・ボローとは、直訳すれば「何か借りたもの」という意味で、花嫁は「幸せな結婚生活を送っている方などから、何か借りた物」を身に着けることによって、幸せを分けてもらえるとされています。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 関連用語集 サムシング・フォー(something 4)