結婚式・披露宴に出席する女性の「服装(衣裳)・メイク・髪型」


結婚式(披露宴)に招待されて難しくて悩んでしまうのが「服装(衣裳)」です。

特に男性よりも女性のほうがオシャレに気を使いますので、華やかな衣裳を着て行きたい所ですが、その場合でも気を付けなければならない点がいくつかあります。

また招待された結婚式がどのようなスタイルなのかにもよって、服装が変わる場合もありますし、新郎・新婦の友人が派手でマナー知らずな服装だと、あなただけの問題ではなく、新郎・新婦の印象が悪くなることもありますので、注意したいところです。

-結婚式(披露宴)で避けたい服装(衣装)-

◎白色の衣装

結婚式での服装 結婚式(披露宴)で白色の衣裳を着れるのは花嫁だけです。

結婚式にはさまざまなスタイル、様式がありますが、ほぼすべての結婚式に当てはまるのが、「白い衣装を着てはいけない」ということです。

もちろん、白色の衣装すべてがダメなわけでなく、白色の比重が多くならないような衣装であれば問題ないとされています(アクセサリやーやストールなどでの、多少の白色のものであれば問題ないでしょう)。

◎黒一色の衣装

縁起が悪く、喪服のイメージがする黒一色の衣裳は避けたほうが良いでしょう。

◎新婦よりも目立つ派手な衣装

主役はあくまでも花嫁です。自分が花嫁よりも目立ってしまわないように注意しなければなりません。

◎花嫁のお色直しの衣裳も避けたほうが無難

あらかじめお色直しで着る衣裳の色を聞いておき、その色と同じ色の衣裳は避けたほうが無難ですが、そこまで気にしすぎると、着れる衣裳がかなり限られてしまいますので、それほど気にしなくても良いかもしれません。

◎肌の露出が多い衣装

挙式、特に教会での挙式の場合は、肌の露出が多い衣裳は絶対避けたほうが良いでしょう。もちろん、披露宴ではある程度の肌の露出は良いかもしれませんが、年配の方々は肌の露出を嫌う場合も多いので注意が必要です。

-結婚式(披露宴)で避けたいメイク(化粧)と髪型-

結婚式のメイクや髪型服装(衣装)だけでなく、メイクや髪型も気を付けたいところです。服装にあわせた自然なメイク、スッキリした髪型になるように心がけましょう。


-結婚式(披露宴)で着物(和装)を着る場合-

・未婚の親族(若い方)・・・振袖、中振り袖(未婚女性の第一礼装)

・既婚の親族(年配者)・・・留袖(既婚女性の第一礼装)

・友人・知人・・・訪問着(既婚、未婚女性を問わず着用できる準礼装の着物)

-結婚式(披露宴)での小物-

バックや靴は光沢のない物、またヘビやトカゲなどの爬虫類のバックは「殺生」を連想させますので厳禁です(バックは小さめの物を用意しましょう)。

またアクセサリー類の場合、特に厳禁な物はありませんので、もちろん光物でもOKです♪特に衣裳が地味な場合には、アクセサリーで華やかに飾るのも良いでしょう。

-華やかな衣裳で結婚式(披露宴)を演出しよう!-

結婚式、披露宴の衣裳は以上のように、いくつか決まり事のようなものがありますが、男性のほとんどが黒色の衣裳(スーツ)ですので、出席者の女性の衣裳で華やかに演出してあげることも大切です。

花嫁よりも目立たないようにすることも大切ですが、基本的にそれほど派手な衣装でなければ、実際には目立つことはありませんので、華やかな衣裳で結婚式を演出し、結婚をお祝いしてあげましょう!


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚式の服装(衣装)と髪型(ヘアスタイル) 結婚式・披露宴に出席する女性の「服装(衣裳)・メイク・髪型」