礼服の種類


礼服には「正礼装・準礼装・略礼装・平服」と、4つのランクに分けられます。

◎正礼装

結婚式(披露宴)では、新郎・新婦、両家のご両親、仲人(晩酌人)が着ることになる、「モーニング・燕尾服・紋付羽織袴・ロングアフタヌーンドレス(女性)」などのこと。

◎準礼装

主に親戚などが着ることになる「デレクターズスーツ・ブラックスーツ・セミアフタヌーンドレス(女性)」などのことで、夜はタキシードなど。

◎略礼装

主に友人・知人が着ることになる「ダークスーツ・ワンピース」などのことで、「略礼装=平服」と思っても良いかもしれません。

◎平服

「平服でお越しください」の場合

礼服は以上のような感じとなりますが、友人・知人の場合は「ブラックスーツ(ダークスーツ)にシルバーまたは白のネクタイ・ワンピース」などが一般的で無難な衣裳です。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved