結婚式・披露宴に出席する男性の服装(衣裳)


結婚式(披露宴)の男性の服装(衣裳)結婚式(披露宴)に招待された場合、女性に比べ、男性の場合はそれほど悩むことがないかもしれませんが、それでもいくつかの決まりごとがありますので、結婚式(披露宴)で浮いた存在にならないように注意しましょう。

また新郎の友人が、礼儀をわきまえていない服装で結婚式に出席した場合には、新婦の両親や親族に、そのような友人と付き合っている新郎のイメージも悪くなってしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。

-結婚式(披露宴)での男性の服装(衣裳)-

結婚式ではダークスーツが基本 結婚式(披露宴)に招待された場合、男性のほとんどは「スーツ・和服」のいずれかで出席しますが、一定の職業に就いている方は、その制服で出席することもあるようです。

一般的に結婚式(披露宴)に招待された「友人・知人の男性の場合は、普通のダークスーツ(黒・紺色)のスーツ(略礼装)」で良いと思います(モーニング・タキシードは新郎・新婦の父親くらいです)。

もちろん会社に着ていっているスーツでもかまいませんが、ヨレヨレのスーツは失礼にあたりますし、招待してくれた新郎・新婦にも恥ずかしい思いをさせてしまいますので、必ずクリーニングに出しておきましょう。

-結婚式(披露宴)での男性のネクタイ-

結婚式のネクタイといえば「」が基本ですが、最近は「シルバー」のネクタイをする方も多く見られるようになりましたので、特に派手なネクタイ以外であれば良いと思います。

-結婚式(披露宴)での男性のシャツ-

シャツも基本的には白ですが、それほど派手でなければ柄物のシャツでも問題ありません。

-結婚式(披露宴)での男性の小物-

男性のアクセサリーは年配の方を中心に、あまりよく思われないことが多いので、身につける場合でも派手な物は避けたほうが良いでしょう。

もちろん、「ポケットチーフ・タイピン」などの小物は、地味になりがちな男性の衣裳をオシャレに見せてくれますので、積極的に身に着けましょう。

-海外の結婚式(披露宴)に招待された場合-

男性の「黒のスーツ+白ネクタイ」は、海外、特に欧米では喪服にあたりますので、招待された場合はどのような服装で出席すれば良いかを、確認したほうが良いでしょう。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚式の服装(衣装)と髪型(ヘアスタイル) 結婚式・披露宴に出席する男性の服装(衣裳)