結婚式(披露宴)が始まるまでの礼儀とマナー


結婚式(披露宴)に初めて招待され、出席する時は、知らないことばかり、初めてのことばかりだと思いますが、その場合でも最低限の礼儀、マナーを心得ておくことが大切になります。

-結婚式(披露宴)が始まるまでの礼儀とマナー-

◎結婚式場(披露宴会場)に出発

結婚式(披露宴)の遅刻は厳禁結婚式への遅刻はとても失礼にあたりますので、事前に交通手段、式場までどれほど時間がかかるのかを計算しておき、少し余裕を持って家を出ましょう。

結婚式(披露宴)に遅刻しそうになった場合は?

◎結婚式場(披露宴会場)に到着

式場に到着したら招待された会場を確認し(大きな式場ですと、同じ日時に何組も式を挙げますので)、受付まで到着したら受付の方(多くの場合、新郎・新婦の友人や親族)に「本日はおめでとうございます」と、お祝いの言葉を伝えた後に、ご祝儀を両手で渡しましょう。

ご祝儀袋は、カバンやポケットから取り出して渡すのではなく、ふくさ(儀礼用の方形の絹布)から取り出して渡すのが礼儀ですので、もしもお持ちでないならば、これから何度も使う物ですので、購入してみてはいかがでしょうか。

ご祝儀袋を受付の方に渡す時の礼儀とマナー

芳名帳がある場合は、自筆でフルネームを書き、プログラム(席次表)を受け取り、案内された会場、控え室、待合室などで式が始まるまで待機しましょう。

待っている時に、新郎・新婦の両親や親族に会うこともあるでしょうから、「本日はご結婚おめでとうございます。お招きいただき、ありがとうございます。」と、お祝いの言葉を言うのを忘れないように!

また控え室などで、友人や知人が多くても、大きな声で騒ぐのは当然マナー違反です。新郎・新婦の親族の方がどこで見ているか分かりません。常に新郎・新婦のことを考えた行動を心がけましょう。

結婚式場(披露宴会場)での礼儀とマナー


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚式(披露宴)のマナー 結婚式(披露宴)が始まるまでの礼儀とマナー