結婚式の二次会の幹事


結婚式の二次会の幹事結婚式と披露宴も閉会(おひらき)した後は、親しい友人や知人を集めた二次会を行うことが多いようです。

二次会には結婚式や披露宴に出席した人はもちろん、出席していない人も参加する、とても和やかな空気で行われる場となります。

新郎・新婦の親しい友人の場合は、二次会の幹事を頼まれることもあるかもしれません。

しかし結婚式の二次会の幹事を初めて行う場合は何をしたらいいか分かりませんよね?結婚式の二次会の幹事の仕事は以下のような感じです。

-結婚式の二次会の幹事の仕事-

◎出席者の確認

新郎・新婦と相談し、出席者を早めに確定しましょう。

◎二次会のお店選び

披露宴の会場からも交通の便がよく、またお酒が入りますので、帰るときのことも考えた場所を選ぶのが基本です。

もちろん実際には、新郎・新婦が「二次会のお店を指定」してくれる場合が多いのですが。

◎二次会の会費

二次会の会費は一般的に「3,000~10,000円」ほどが相場とされていますが、できるだけ安くするように努力したいものです。

披露宴に出席した人たちはご祝儀を渡していると思いますし、また衣裳にもお金がかかっていると思いますので、二次会にはそれほどお金を出したくないというのが本音です。

もちろん、赤字を出さないように、細かく費用を計算しておくことが大切になります。

◎すべての方が楽しめるゲームを

結婚式の二次会は新郎・新婦の友人、知人が中心ですが、新郎の友人たちしか楽しめないようなゲームなどは避けるべきです。

二次会の定番である「ビンゴ」は、そのことを考えれば外せないゲームなのかもしれませんね。

ビンゴの景品は、「1位は豪華な物(1万円ほど)」で、それ以外は安い物で良いと思いますよ。

-二次会の幹事の注意点-

・幹事を頼まれたら1人で行うのではなく、何人かの友人・知人と共同して行うほうが段取りがよくなります

・新郎・新婦と綿密な打ち合わせも忘れないように

・幹事は司会も兼ねる場合が多いと思いますので、お酒を飲み過ぎないように気をつけましょう!

二次会がお開きしたら、三次会、四次会と続く場合がありますが、くれぐれも飲み過ぎないように、あくまでも結婚するお二人のことを考えた行動を心掛けましょう!

結婚式の二次会での礼儀とマナー


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved