結婚式(披露宴)の招待状への返信(返事の書き方)


結婚式の招待状の返事の書き方 結婚式のマナー・礼儀は、「結婚式(披露宴)の招待状」が届いた時から始まります!

結婚式(披露宴)の招待状が送られてくる場合、事前に確認の連絡があることがほとんどで、すでに出欠を伝えているかもしれませんが、その場合でも「必ず出欠ハガキで返信」するのがマナーです。

どんなに忙しくても電話やメールだけで済ましてはいけませんよ!

-結婚式(披露宴)の招待状の返信(返事の書き方)-

以下は出席する場合の記入例です。

結婚式の招待状の返信方法

-結婚式(披露宴)の招待状のマナーと礼儀-

結婚式(披露宴)の招待状は2、3ヶ月前には遅くても送られてきて、返信期限が書かれていると思いますが、「到着後1週間以内」に返信するのがマナーであり、礼儀です。

新郎・新婦側は、お料理や引き出物、席次(配席)などを決めなければなりませんので、招待状が届いたら早めに返信するように心がけましょう。

その際、新郎・新婦、またはご両親宛てに返信することとなりますが、返信ハガキ(出欠ハガキ)には「○○○○宛(行)」となっていると思いますので、必ず「宛(行)を二本線(一本線・斜線でも可)で消し、様に変更」して返信しましょう。

◎結婚式(披露宴)に出席する場合の返事の書き方

結婚式(披露宴)の招待状には「出欠ハガキ(返信ハガキ)」が同封されていると思います。その出欠ハガキには「御出席・御欠席・御芳名・御住所」と、""の文字がいくつかあります。

出席する場合は、「御欠席を二本線(一本線・斜線でも可)で消して」、「出席を○で囲み」、さらに、その他の"御"の文字をすべて「二本線」で消し(御芳名の場合は"御芳"を消してください)、住所、氏名を記入して返信するのが最低限の礼儀です。

またそれだけでは味気ないという場合は、「出席の上に"喜んで"、出席の下に"させていただきます"」と書き入れるか、スペースに、「結婚おめでとうございます」、「お招きいただきありがとうございます」、「喜んで出席させていただきます」などと、お祝いやお礼の言葉を入れて返信すると良いでしょう。

"御"を二本線などで消すのではなく、"寿"という文字で消すのも良いようです。

"御"でなく""の場合もありますが、その場合も同様に、"ご"を消してくださいね。

◎結婚式(披露宴)に欠席する場合の返事の書き方

結婚式(披露宴)に欠席する場合は、「御出席を二本線で消して」、「欠席を○で囲み」、その他の"御"の文字をすべて「二本線」で消し(御芳名の場合は"御芳"を消してください)、住所、氏名を記入して返信しましょう。

その際スペースに、お祝いの言葉と、欠席する理由を書くことが礼儀で、

「このたびはご結婚おめでとうございます。当日は都合により出席することができませんが、お二人の幸せを心よりお祈り申し上げます。」

などと書き入れ、もしも具体的な理由を書く場合でも、忙しいことを理由に欠席することは失礼にあたりますので、"多忙なため"などの理由は避けたほうが良いでしょう。

また結婚式はとてもおめでたい席ですので、もしも病気やケガ、弔事で出席できない場合でも、そのことを書き入れるのはやめましょう。その場合は、後日、電話などで出席できない理由を説明してもいいでしょう。

身内に不幸があった場合は結婚式(披露宴)に出席してもいいの?

-私の失敗談-

当サイトの管理人である私も、20代前半の時に初めて友人の結婚式(披露宴)に招待された時、結婚式の招待状を返信するのに、このようなマナーがあるのを知らなかったので、普通に「御出席」を○で囲んだだけで返信したことがありますσ(^_^;)

幼なじみの友人でしたが、「こいつなら仕方ないか・・・」と思われたかどうかは分かりませんが、その当時は知らなかったのでなんとも思っていませんでしたが、後に、結婚式の招待状にこのようなマナー、礼儀があることを知ったときに、1人で顔が赤くなったことはいうまでもありません( ̄ー ̄;


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚式の招待状 結婚式(披露宴)の招待状への返信(返事の書き方)