結婚式(披露宴)のご祝儀袋の書き方


結婚祝い(ご祝儀袋)の書き方結婚式(披露宴)に招待された場合に悩むのが「ご祝儀(結婚祝い)」です。

特にご祝儀袋の書き方は日頃、まず書くことがありませんので難しい所です(市販のご祝儀袋には基本的な書き方などが書いてありますので、そちらも参考にしてください)。

-結婚式(披露宴)のご祝儀袋(結婚祝い)のマナー-

ご祝儀袋は、「結びきり」のほどけない水引き(和紙でできた紐のようなもの)を使用し、水引きの色は、白黒以外の物を使用しましょう。

結びきりには、「これきりにしたい・一度きりにしたい」という意味合いがありますので、結婚だけでなく、弔事全般に使用されています(蝶々結びなどのほどける結びは、何度でも繰り返しても良い、「出産・入学・誕生日」などのお祝いには向いていますが、一度きりにしたい結婚祝いには向いていないのですね)。

またご祝儀袋はいまでは文房具屋さんはもちろん、コンビニなどでも数種類、販売されていますが、包む金額に合ったご祝儀袋を選びましょう(大抵、対象金額が書かれていると思います)。

豪華なご祝儀袋なのに、包んだ金額がそれに見合っていないと、失礼にあたりますので注意が必要です。

-ご祝儀袋は毛筆で書くのが礼儀-

ご祝儀袋には、ボールペンや万年筆ではなく、「毛筆・筆ペン・サインペン」を使用し、自筆で書くのが礼儀です。

-ご祝儀袋(結婚祝い)の書き方-

ご祝儀袋の表面には氏名を書きますが・・・

・本人(一人)の場合・・・中央に書きましょう

・連名(3~4名)の場合・・・中央に地位、または年齢が上の人を書き、左へ向かってその他の人の氏名を書きましょう

・連名(4名以上)の場合・・・中央に代表者の氏名を書き、その左に「他一同(外一同)」と書き、その他の人の氏名は別紙に書いて、ご祝儀袋の中に入れましょう

-ご祝儀袋(結婚祝い)の袋の重ね方-

結婚祝いなどのお祝い事では、喜びは天を向くとして下側を上にかぶせます。ちなみに弔事では逆になりますので注意しましょう!

-ご祝儀袋(結婚祝い)の中袋の書き方-

ご祝儀袋にはほとんどの場合、「中袋」が付いています。

ご祝儀袋の中袋の表面には「包むご祝儀の金額」を書きますが、昔は難しい数字を使用していましたが、現在ではそれほど気にする必要ありません。

例えば3万円を包む場合はに・・・

金 参萬円
金 参萬圓

と、どちらでも良いでしょう。

ご祝儀袋の中袋の裏面には「郵便番号・住所・氏名」を忘れないように!

◎漢数字

・一⇒壱
・二⇒弐
・三⇒参
・四
・五
・六
・七
・八
・九
・十⇒拾
・百
・千⇒阡
・万⇒萬
・円⇒圓


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚祝い(ご祝儀) 結婚式(披露宴)のご祝儀袋の書き方