結婚式(披露宴)のご祝儀で包んではいけない金額


結婚式(披露宴)のご祝儀の金額は、「数字が割れる偶数(二人が分かれることを連想させます)と9(苦しむ)」の金額は縁起が悪いので、この数字は避けるのが礼儀となっています。

ですので一般的に、「1・3・5・7」の金額を包むのがマナーとなっています。

ただ偶数の中でも「2はペアという意味があるので」、「2万円」をご祝儀として包むことは失礼にあたらないと思いますし、実際に、若い友人の場合は、「2万円」をご祝儀として包む方は多いようです。

また偶数になる場合、例えば・・・

「6万円をご祝儀として包みたい場合は」

「1万円札を5枚+5千円札を2枚」

として、金額は偶数ですが、お札の枚数を奇数とすれば失礼にあたらないとされています。

以上のことから偶数金額がすべてダメなわけではありませんが、基本的にはやはり偶数金額は避けるのがベターかもしれませんね。

兄弟の場合は偶数である「10万円」包んでも良いようです。

地域の慣習などによっても異なる場合がありますので、あくまでも参考程度にしてください。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚祝い(ご祝儀) 結婚式(披露宴)のご祝儀で包んではいけない金額