教会挙式(キリスト教式)


教会挙式教会挙式(キリスト教式)は、いまでは日本女性のもっとも多くが憧れる結婚式のスタイルではないでしょうか?

純白のウエディングドレスでバージンロードを歩き、フラワーシャワーやブーケトス。映画やテレビドラマの風景がそこにはありますからね♪

-教会挙式(キリスト教式)は誰でも挙げられるの?-

教会挙式(キリスト教式)は基本的に、新郎・新婦のどちらかがキリスト教徒である場合のみに挙げることができるスタイルでしたが、最近ではキリスト教徒でなくても、教会によってはお願いすれば挙げることができる場合がありますし、ホテルや結婚式場にもチャペル(キリスト教の礼拝堂)が設けられるようになり、キリスト教徒でなくとも挙式を挙げることができるようになっています。

またホテルや結婚式場で挙げる場合は、どのような宗教の方が参列しても問題ないとされています。

-教会挙式(キリスト教式)の流れ-

1:参列者入場
祭壇に向かって右に新郎側、左に新婦側の参列者が入場

2:新郎入場
祭壇の前で新婦の入場を待つ

3:新婦入場(参列者起立)
新婦は父親のエスコートでバージンロードを進む

4:讃美歌斉唱
全員起立して讃美歌を合唱

5:聖書朗読、祈祷(参列者着席)
牧師が聖書を朗読し、神に祈りを捧げる

6:誓約
新郎新婦が結婚を誓う儀式。牧師が新郎、新婦の順に問いかける

7:指輪の交換
新郎から新婦の指へ、新婦から新郎の指へ

8:祈祷・結婚宣言
牧師が2人の手を重ね、祝福があるように祈りを捧げ、結婚を宣言

9:ベールオープン

10:讃美歌斉唱・誓約書署名
全員起立して讃美歌を合唱する 新郎新婦の順に誓約書に署名する

11:祝祷
牧師が祝福の祈りを捧げる

12:新郎新婦退場
新郎新婦は腕を組んで退場


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved