神前式


神前式は、「神の前で三々九度の杯を交わして結婚を誓う」、古くから行われている日本独自の結婚式のスタイルで、神社はもちろん、最近ではホテルや結婚式場に設けられている神殿で行う場合も多いようです。

神前式は、基本的に家族のみが参列し、衣裳も和装ですが、最近では友人・知人も参列できたり、ウエディングドレスで神前式を行える場合もあります。

-三々九度とは?-

神前式で行われる「三々九度」とは、挙式の中で三段に重ねられた杯それぞれで、1杯を3口で飲み干し(1、2口目は口をつけるだけで、3口目で一気に飲み干す)、計9度杯に口をつけてお酒を飲み交わす献杯(相手に杯を差し出して敬意を表すこと)のことです。

もちろん実際には、お酒が飲めない人もいるので、その場合は無理して飲まなくても杯に口をつけるだけでも良いですし、お酒が飲める場合でも、全部を飲み干す必要もありません。

大切なのは杯に口をつけて相手に敬意を表すことなのです。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved