人前式


人前式は、宗教や風習に関係なく、結婚する二人が決めた自由な形で行う結婚式のスタイルで、「出席者:参列者(両親・親戚・友人・知人など)に結婚を誓い、承認してもらう」、近年、日本でも人気となっている挙式スタイルです。

通常の結婚式では、「神父(牧師)・神主・司祭」など、挙式を仕切る方がいますが、人前式では特にこのような方々がいないことが多く、友人・知人らの中から仕切る人(司会者・立会人)を選んで、式の進行を行っていきます。

-人前式を行う場所-

人前式はもちろん自由なスタイルですので、特定の場所で行わなければならないわけではなく、レストランや公民館を貸し切ったり、船上で行ったり、披露宴会場で行ったりと、結婚するお二人が好きな場所を選んで行います。

-人前式を行う場合の注意点-

人前式は近年、日本でも人気の高い挙式スタイルとなっていますが、現実には年配の方々を中心に、「どのスタイルの挙式なのか?」を理解してもらえない場合も多いので、案内状を送る際に、「人前式とはどのような挙式スタイルで、どうして人前式で挙げたかったのか」を説明し、理解してもらうことも必要となります。

また、人前式は何から何までを自分たちがプロデュースしなくてはなりませんので、通常の結婚式以上に、打ち合わせやリハーサルを行うことも大切です。

-人前式の出席者の服装-

人前式は自由なスタイルといっても、出席者は当然、通常、結婚式を挙げるような衣装で良いと思います。

ただ念のため、新郎・新婦がどのような衣裳で行うのかを聞いておいたほうが良いかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved