結婚式(披露宴)に招待されたけど欠席する場合のご祝儀


結婚式に欠席する際のご祝儀結婚式披露宴に招待されたけど、やむをえない事情で欠席する場合に、ご祝儀(結婚祝い)を渡したほうが良いかは難しい所ですが、この場合はご祝儀(結婚祝い)を渡しても、渡さなくても、どちらでもかまいません( ̄ー ̄;

しかし折角、招待されたわけですし、おめでたいことですので、ご祝儀(結婚祝い)を渡すことが多いようです。

もちろんその場合は、相場の半分くらいのご祝儀(結婚祝い)で十分だと思いますし、お金ではなく、結婚祝いとして、何かプレゼントをするだけでも良いでしょうし、半分くらいのご祝儀では少ないと思えば、相場の半分くらいのご祝儀とプレゼントを渡しても良いでしょう。

とにかく大切なのは「気持ち」です。お祝い事など、この場合はどうしたら良いのだろうと悩むことが多いですが、その場合は、気持ちが伝わるように祝ってあげることが何よりも大切なのです。

ちなみに遠方の場合は、現金書留でご祝儀を贈るのは、特に失礼にはあたらないとされていますので、ご祝儀袋を現金書留の封筒にに入れて贈っても良いでしょう。

結婚式(披露宴)のご祝儀(結婚祝い)の相場


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2019 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚祝い(ご祝儀) 結婚式(披露宴)に招待されたけど欠席する場合のご祝儀