結婚祝い(プレゼント)


結婚祝いの定番グラス友人や知人から結婚を報告された場合に、お祝いの気持ちとして贈る「結婚祝い」。しかし何を贈るか?贈って失礼になる物はないのかを確認しておきましょう。

もちろん結婚式(披露宴)当日、ご祝儀だけでも良いと思いますが、やはりお金だけでなく、何か形に残る物をプレゼントしたいものです。

またご祝儀(お金)と結婚祝いの品物をどちらとも贈る場合は、合わせた金額でOKだと思います。

例えば3万円ご祝儀を包む予定の場合、2万円のご祝儀と、1万円の結婚祝いのプレゼントで良いと思います(金額の割合はご自由に)。

結婚式(披露宴)のご祝儀の相場

-結婚祝いはいつまでに贈ればいいのか?-

結婚を報告された時から早めに持参して、お祝いしてあげるのが理想ですが、遅くても結婚式の1週間前までには贈りたいものです(遠方の場合はもちろん郵送でOKです)。

また結婚式(披露宴)に招待された場合でも、結婚式当日は荷物になりますので、できるだけ避けたほうが無難でしょう。

もしも結婚式に招待されていない場合は、新郎・新婦に気を使わなくてすむように、結婚式後に贈るのがマナーとされています。

-結婚祝いは何を贈ると喜ばれるのか?-

結婚祝いに何を贈るかが難しい所ですが、親しい間柄なら、「新郎・新婦に直接聞くことが1番です!」。

基本的には新生活に必要だと思う物を贈ると喜ばれますが、すでに持っていたり、他の方と品物がかぶったり、新郎・新婦の好みに合わない場合もありますので、できるだけ直接聞いて、どのような物が欲しいかを確認してから贈りましょう。

また複数の友人・知人と連名で贈るほうが、高価な物を贈れますので、喜ばれる場合もありますので、共通の友人や知人がいる場合は検討してみましょう。

もちろん遠方の方が結婚祝いを郵送する場合は、「お祝いのメッセージ」も一緒に送ってあげましょうね♪

-結婚祝いを贈る際の注意点-

昔は割れる物は、「二人の仲が割れる、壊れる」ということから、結婚祝いに贈ることはタブーとされていましたが、最近では食器類、陶器、グラスなどは、実用的な品物ですのでよく贈られるようになっています。

またご祝儀と同じく、「偶数の数字と9(苦しむ)」は避けるのが礼儀ですが、ペアのグラスは1ペアと考えられますので、問題ないとされています。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2019 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved