結婚式のみに出席する場合のご祝儀


結婚式のみの場合のご祝儀(結婚祝い)基本的に結婚式と披露宴はセットになっていることが多いのですが、新郎・新婦側の都合などで披露宴は行わず、結婚式のみの場合も当然あります。

その場合、「ご祝儀(結婚祝い)は基本的には必要ない」とされていますが、お祝いの気持ちとしてご祝儀を渡してももちろんOKですし、お金ではなく何かプレゼントを渡しても良いでしょう。

ただこの場合、披露宴を行う時と同じ相場のご祝儀を渡すと、逆に新郎・新婦側に「申し訳ない」と気を使わせてしまうこともありますので、その点を考慮することもマナーかもしれませんね(渡す場合は相場の半分くらいで良いでしょう)。

-結婚式のみに出席する場合のご祝儀(結婚祝い)-

結婚式と披露宴の両方に招待されたけれど、都合により結婚式のみにしか出席できない場合も同様に、ご祝儀は必要ありませんが、お祝いの気持ちとして渡してももちろんOKです。

とにかく結婚式のみにしか出席しない場合は、ご祝儀を渡しても渡さなくてもどちらでもOKですので、新郎・新婦などとの関係などを考え、状況に応じてご祝儀を渡すか?プレゼントだけにするか?を考えましょう。

現実的には、披露宴がない場合や、披露宴に出席しない場合でも、友人・知人の場合は「1万円」ほどご祝儀(結婚祝い)を渡すことが多いようです。

結婚式(披露宴)のご祝儀(結婚祝い)の相場

結婚式(披露宴)を急遽欠席する場合のご祝儀


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2019 結婚式と披露宴のマナー. All rights reserved

結婚式のマナーガイドTOP 結婚祝い(ご祝儀) 結婚式のみに出席する場合のご祝儀